快眠サプリ 睡眠薬 副作用

快眠サプリの副作用と睡眠薬の副作用との違い

睡眠薬は、依存性が高く長期の服用を避けるべきだと言われています。そのため、快眠サプリメントも長期の服用を避けた方がいいのではないかと考える方は少なくありません。睡眠薬と快眠サプリメントの違いを知り、賢く使い分けましょう。

 

睡眠薬と快眠サプリメントの違い

睡眠薬と快眠サプリメントで決定的に違うのは、分類です。睡眠薬は「薬」、快眠サプリメントは「サプリメント」に分類されます。サプリメントとは、食品扱いです。

 

薬ではないので、服用時間は指定されていないことが多く、食べ物と同じような扱いになるので、賞味期限も設定されています。薬は飲みあわせや飲むタイミングが厳格に決まっているのに、サプリメントは「1日○錠が目安」などと曖昧なのはそのためです。

 

食べ物なので、薬のように厳しく制限する必要がありません。

 

睡眠薬の副作用と快眠サプリメントの副作用の違い

睡眠薬と快眠サプリメントでは、そもそもの目的と効果のでかたが違います。睡眠薬は、脳に直接または間接的に作用する成分を用いることで、強制的に眠りを誘うためのものです。

 

速効性があり、服用してから15~30分程度で効果が現れるのが特徴です。ただし、効き目が良いものほど依存性が高く、長期間使用していると手放せなくなります。

 

それだけではなく、体が薬になれてしまい効かなくなってくるので、量そのものが増えるというのも危険な副作用のひとつです。一方、快眠サプリメントは眠りの質を高めるための栄養素や成分を補う目的のものです。

 

薬のように短期的に作用しない代わりに、大きな副作用のリスクもありません。長期的な使用で体質改善を目指すものなので、長期間の服用による依存性が心配ならばサプリメントを選ぶといいでしょう。

 

眠りの成分であるセロトニン・メラトニンは「トリプトファン・ビタミンB6・アミノ酸」から生成されるので、こちらのサイトで検討してみるのも、いいでしょう。

 

まとめ

睡眠薬は速効性があるかわりに副作用のリスクが大きくなります。一方、快眠サプリメントは速効性がない代わりに副作用のリスクがほとんどありません。症状にあわせた選択を心がけましょう。