快眠サプリおすすめ

便秘予防といえば「食物繊維を多く含んだ物を食べる」と考える人は多いでしょう。
でも食物繊維の効果はそれだけではありません。
上手に使えば健康的なダイエットにも肥満予防にも使うことができる強力な要素なのです。

 

「食物繊維の種類」
食物繊維は水溶性と不溶性があります。
便秘改善やダイエット効果を狙って食物繊維を採るなら、この二つの種類の食物繊維がどういう効果があるのかを知って使い分けるのが賢い方法です。
「食物繊維の多い食品をを意識して食べているのになかなか効果が出ない」という人は自分の採り入れている食物繊維の種類について見なおしてみましょう。

 

水溶性の食物繊維はまさしく「水に溶ける」性質があり、水分を保持する力が強いものです。
水に溶けることでゲル状に変化します。

 

不溶性の食物繊維は水に溶けずに水分を吸収して大きく膨らむという性質をもっています。

 

「水溶性食物繊維の効果」
水溶性食物繊維は炭水化物の消化・吸収のスピードをゆるやかにしてくれます。
このために血糖値が急激に上昇することを防く効果があるのです。

 

コレステロールを対外に排出・体内に蓄積することを防ぐ効果があります。
整腸作用に優れているという一面もあります。
水溶性食物繊維は水分を含んでゲル状に変化することで腸内をゆっくりと移動します。
このために「腹もち」がいいので「ちょっと何か食べたいな」ということがなくなります。

 

水溶性食物繊維が多く含まれている食品は海藻類・納豆・おくら・山芋などのネバネバ食品です。
この他にごぼうやアボカドにも多くふくまれているものです。

 

「不溶性食物繊維の効果」
ダイエットのための食物繊維といえば不溶性が優れています。

 

水分を含んで大きく膨らむことにより、便をカサ増ししてくれる効果があります。
腸の蠕動運動を活発にする効果も期待することができ、便通を促してくれます。
カサが増えた便は腸内の移動スピードがアップするので、身体に有害な物質をより早く対外に排出するということが期待できるのです。

 

不溶性食物繊維が多くふくまれている食品は、きのこ類・ひよこ豆・あずきやおからなどです。

 

食物繊維は身体にいいことが分かっていても一日に必用な摂取量20~25グラムをきちんと採れている人はなかなかいないものです。
海藻類・納豆・豆類やきのこなどはもともとダイエットの味方と言われている食品ですから、体重コントロールを目指す人は積極的に食べるようにしましょう。
そのほか、パンは全粒粉使用のものやライ麦パンに、白米から玄米・雑穀米にするほかオートミールも食物繊維摂取には効果的です。
旬の野菜や果物もいいものです。
水溶性・不溶性両方の食物繊維を万遍なく採り入れるためにもいろんな食材を食べましょう。

 

ほんの少しの工夫で食物繊維の摂取量を増やすことは簡単にできるものです。
難しく考える必要はありません。